高い収益率が期待できるメガソーラー投資|遊休地を活用する

負担を軽くする方法

外観

マンションやアパートの経営は、長期的に安定した収益をあげることができるとして、多くの人に人気のある投資方法です。退職金などを元手に収益物件を購入してマンションやアパートの経営を始める人がたくさんいます。一つの施設での経営であれば、その維持管理はオーナーがすべてを行なうことも可能ですが、複数のマンションやアパートを経営することになると、不動産業者の協力を得る必要が出てきます。そのようなときには、サブリース契約を結んで不動産業者に施設管理から家賃収入までのすべての業務を委託することで、効率的な不動産経営を行なうことができます。

サブリースとは、マンションやアパートの一括借り上げ、家賃保証制度のことをいいます。このサブリースは、不動産業者がマンションやアパートを経営するオーナーから施設を一括で借り上げ、その施設を入居者に貸し出すという仕組みになっています。オーナーは施設の入居者の有無にかかわらず、満室賃料の80パーセントから90パーセントの収入が不動産業者から保証されるというメリットがあります。複数のマンションやアパートを経営していた場合、そのすべての施設を維持管理したり、家賃徴収の業務をするにはオーナーの負担が大きすぎます。そのような業務を不動産業者に委託することで、オーナーにかかる負担を小さくすることができるのです。また、不動産業者は、施設の維持管理についての専門家です。サブリース契約を結んで業務を専門家に委託することで、入居者が快適な生活を送ることができます。